【レビュー】R×L(アールエル)のメリノウール グローブ ライトをジョギング用に買ったら普段使いしたいレベルのいい手袋だった

R×Lのメリノグローブライトが予想以上に良かったジョギング
R×Lのメリノグローブライトが予想以上に良かった

こんにちは!

最近グッと寒くなった感じがして、早朝や夕方〜夜の時間帯にジョギングしようと思うと、

寒すぎて手が痛いから、今日は走るのやめとこっかな〜

ってなっちゃって、扉を閉めたくなっちゃうこともちらほら。

いやあ、軟弱者やなって話なんですがこういうことが続くと気づいたら寒い時期は走ること自体をやめちゃうなんてこともあるので、気をつけたいところ。

ということで冬のジョギング用のグローブを探していたんですが、

  • スキー用かよ!ってツッコミたくなるレベルのやつ
  • スポーツメーカーから出てるのはペラッペラで全然暖かくない
  • スマホ対応とあるものの、反応が微妙なものが多くアプリの設定時など寒い
  • スマートウォッチを見るときにわざわざ捲らないといけない

など、いまいちこれにしようってのが見つからなかったんですが、先日某スポーツ量販店に行った際に出会ってしまいました。

R×L(アールエル)のメリノグローブ ライト

もうこれが販売され続けている限り、いっときジョギング用の手袋を探す必要がないってレベルで気に入っています。

デザインもシンプルなので普段使いもできるし本当便利。

ということでこの記事ではR×L(アールエル)のメリノグローブ ライトについて詳しく話していきます。

こんな方におすすめの記事
・外で運動するときに暖かくてちゃんとスマホが使える手袋を探している
・運動時だけでなく通勤や通学時にも使える手袋が欲しい

スポンサーリンク

R×L(アールエル)は日本の企業のブランド

R×L(アールエル)は埼玉の武田レッグウェアー株式会社が世界中のスポーツ愛好家にもっと笑顔になるソックスをとの考えを基に運営しているブランドです。

  • 右左立体製法
  • 指先立体5本指製法
  • 踵右左立体製法

の3つの特許を日本だけでなく世界中で取得しており、マラソンやトレイルランニングからロードバイクなどのスポーツ選手も使っています。

創業からすでに40年が経っており、技術面、機能面でも信頼できる老舗のスポーツソックス企業と言えるでしょう。

今では靴下だけでなく、アクセサリー類やウェア類など様々なアイテムを販売されているようです。

R×L(アールエル)公式サイト

薄いのにちゃんと暖かい。部屋の中でつけると暑いレベル

R×L(アールエル)のメリノグローブ ライトを最初に触った時はぶっちゃけ

本当にこんなに薄くて暖かいん??

と思っちゃうレベルだったんですが、試着してみてビックリ

やばい!めっちゃ暖かい!
室内でつけるべきものじゃない!!

ということで即決で買いました。

実際1月の19時頃、気温5度以下の環境で使いましたが外でも手が全然寒くない。

使ったタイミングでは5度以下でしたが、問題なく暖かかった
使ったタイミングでは5度以下でしたが、問題なく暖かかった

もちろん外に出たばかりだとまだ暖かくはないのですが、走り出すとすぐに暖かくなり、寒くて嫌だな〜など考えずに走ることができました。

さらに走り出して熱くなりすぎて手汗でびちょびちょになることもない。
この辺がメリノウールの素晴らしいところですね。

スマホやスマートウォッチが素手より反応する

いくらスマートウォッチが見えていても、触れなければ意味がありません。
スマートウォッチやスマホを操作するためだけに手袋を外して寒い!なんて本末転倒ですね。

また、スマホ対応を謳っている手袋でも実際に素手レベルで反応してくれる手袋はほとんどなく、

  • 何度も指を当てても全然反応しない
  • 押したいボタンじゃないところを押してしまう
  • そもそも手袋が分厚すぎて操作しづらい

なんてのがどちらかというと「基本」だったわけですが、このR×L(アールエル)のメリノグローブ ライトはめちゃくちゃ反応します。

素手レベル?いやいや素手以上ですw

特殊機能繊維ってやつを使っているらしく、ジョギング中や後など、指先にしっとり汗をかいている時なんかは驚くほど反応します。

また、手袋自体が薄いため非常に操作性もよく、Apple Watchの小さいアプリアイコンなんかも間違えずにタップできるし、なんなら手袋したまま靴紐が結べ(ちょっと滑るけど)ます。

時計用の穴が空いているから、捲らなくてもスマートウォッチが見れる

時計穴が空いているので、手袋をつけたままでも文字盤を確認できて便利。スマートウォッチなら現在のペースなんかも見れるわけです
時計穴が空いているので、手袋をつけたままでも文字盤を確認できて便利。スマートウォッチなら現在のペースなんかも見れるわけです

これが結構画期的で、手首の部分にスマートウォッチが出てくるよう穴あけ加工されており、

  • 手首だけ外に出した状態で走る
  • スマートウォッチを見るときに手袋をめくる

と言ったことを行わなくても、いつでもスマートウォッチの文字盤を見ることができます。

これは何も運動時だけでなく、電車の中や歩いているときにちらっと時間を確認するのにいちいち袖を捲ったりしなくていいので便利ですね。

また、時計をつけていないときはちゃんと穴が閉じる作りになっているので、穴から風が入ってきて寒いなんてことはありません。

しかも、R×L(アールエル)のメリノグローブ ライトは上下の概念はないらしく、手首側に時計をつけている場合でも問題なく使えるそうです。

よく考えられてる。

洗濯機で洗えるので清潔に使える

メリノウールでできているので普通に洗濯機で洗濯できます。
一応ネットに入れてオシャレ着洗いモードで優しく洗っていますが、今のところ縮むなどもなく快適。

縮むことがどうしても心配なら、干す前に少し左右に引っ張るなどしてあげると良いでしょう。

反射素材などもついていないので、何度も洗濯機で洗っているとなんかボロボロになってると言ったこともなさそう。

ただ、マジックテープ素材のものと一緒に洗ったりするのは避けたほうがよさそうです。
普通に手袋なので毛羽立っちゃったり、糸が出てきたりするでしょう。

日常でも使えるデザインなので、私服で使っても何も問題ない

いわゆるスポーツ用のグローブと異なり、普通にメリノウールの編み手袋って感じなので、日常でも全然使えます。

色もチャコールグレーで、指先のスマホタッチ部分だけ黒い感じ。

また、Nikeやadidasの手袋などと違ってロゴも目立たない感じで入っているので、濃いめのジャケットやコート、スーツなら合わせても全然変じゃないのでいいですね。

仕事帰りに2駅分走って帰るとかってやる場合でも、専用の手袋を持っていくみたいなことをしなくて良いのでありがたい。

通勤や通学に使うならもう一つ分厚い「ミッド」がいいと思う

薄いライトでも十分に暖かいですが、運動ではなく通常の通勤や通学などにはもう一つ分厚い「ミッド」の方がいいかもしれません。

R×L(アールエル)のメリノグローブ ライト一枚で自転車に乗ったらそれなりに寒いんじゃないかなと思います。

というのも風を通さない素材ではない(普通にウールの手袋なので)ので、冷たい風がガンガンに当たる自転車やバイクなどに乗る際には、もう一つ分厚いタイプか、あくまでインナーグローブとして使って上からもう一つ風を通さないタイプのグローブをつけた方が良さそう。

R×L(アールエル)のメリノグローブ ミッドとライトで100円しか変わらないので、日常使い用として不安ならミッドを買っておくことをおすすめします。

自転車もそれなりに走ってれば体温で温まるでしょうが、それにしても最初のうちは寒くて心が折れるんじゃないかなと思います。

まとめ

R×L(アールエル)は埼玉の武田レッグウェアー株式会社が世界中のスポーツ愛好家にもっと笑顔になるソックスをとの考えを基に運営している、

  • 右左立体製法
  • 指先立体5本指製法
  • 踵右左立体製法

の3つの特許を日本だけでなく世界中で取得しており、マラソンやトレイルランニングからロードバイクなどのスポーツ選手も使っているブランド。

創業から40年経っており、スポーツ選手も愛用している信頼できるメーカーで、今では靴下以外にもアクセサリーやウェアなども販売している。

そんなR×L(アールエル)が製造、販売しているR×L(アールエル)のメリノグローブ ライトは、

  • 薄いのにちゃんと暖かい。部屋の中でつけると暑いレベル
  • スマホやスマートウォッチが素手より反応する
  • 時計用の穴が空いているから、捲らなくてもスマートウォッチが見れる
  • 洗濯機で洗えるので清潔に使える
  • 日常でも使えるデザインなので、私服で使っても何も問題ない

と、ジョギングやランニング、ロードバイクなどのスポーツはもちろん、通勤や通学などの日常でも使いやすい良い手袋で助かります。

スポーツウェアメーカーの手袋は大体どれもロゴがどかっと載っているので、スーツなどにはなかなか会わせられないですからね。

ただ、R×L(アールエル)のメリノグローブ ライトは割と薄手な上に防風機能は持っていないので、通勤や通学に使うならもう一つ分厚い「R×L(アールエル)のメリノグローブ ミッド」がいいと思います。

今回紹介したアイテム

タイトルとURLをコピーしました