やる気が出ない時は何もしなくてもいいけど些細なことで自分を褒めることが大事

身体

こんにちは!

西日本は大雨ですごいことになっていますね。
赤十字の寄付の受付が始まったら少しくらいは出せたらと思います。

さて、そんなこの土日、東京はなかなか気温も高く、湿気も高くてとても暑かったですね。

暑いとどうしても

  • 汗かくし服着替えたくない
  • 汗で気持ち悪いし暑いから外出たくない
  • 家の中で掃除機かけるどころか風呂入るのもイヤ
  • なんなら窓開けたくない
  • エアコンで身体が半端に冷えてて怠い
  • 仕事で疲れてて怠い

と言った感じで、あーもう!今日なんもやりたくねー!!って日ありますよね。

はい、自分のこの週末がまさにそうでした。

で結論ですが、こんな時は無理せず本当に何もしないことが一番いいと思います。

とは言え本当に何にもしないとさらに自己嫌悪に陥ったりするのもまたよくあること。
ってことで自分なりのやる気ない時の対策をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

やる気が出ない時はやらなきゃいけないことを増やさない

これは結構大事で、やりたいこと < やらなきゃいけないことになった時、どうしてもやる気が出ない状況になりやすいですね。

なのでそんな時はやらなきゃいけないことを少なくするのが一つの手です。

これってなぜか、このくらいはできなきゃいけないと自分で高めのルールを設定している時ってないですか?

例えば洗濯。

  • 色物と白シャツは一緒に洗わない
  • このシャツは手洗いしなきゃ
  • シャツはボタン止めてネットに入れて
  • 全部まとめて洗ったら干すのも大変だなー

こんな感じでこらからやることを考えた時に「やらなきゃいけないこと」がめちゃくちゃ増えちゃうと、一気にやる気が萎えますよね。

なので、

  • シャツはとりあえずネットに突っ込んどきゃいいでしょ
  • 今日は下着類だけでシャツとかは明日帰ってきて速攻洗おう
  • 今週はシャツはクリーニングに持ってちゃおう

など、自分でやらなきゃいけないことの量とハードルを下げてしまいましょう。

そうすると案外「あ、10分で終わるしやっちゃお」に変わってやれちゃうもんです。

やる気が出ない時は時間を浪費することをやらない

はい、これ何気に重要です。

例えばYoutube。
面白い動画がたくさんあるし、だいたい1本10分とか長くても30分くらいですよね。

ぼーっとしたまま見ていると何本も連続で見てしまって、気付いたらもう3時間とか平気で経ってたりします。

テレビも同じですね。
テンポよくずーっと流れ続けるのでびっくりするくらい時間が経ってたりします。

で、後から気付きます。

やべー。
今日やりたい&やらなきゃいけないこと、何にもできなかった。

意図して何もしない日を作るのは大切ですが、やりたいことがあったけど何もできなかった。

これが続くとだんだん自分ってダメだなーと言った具合に自己評価が下がってしまいます。

するとさらに色んなことに挑戦したいと言う気持ちや、俺ならできるっしょ!みたいな感じで気軽に何かを始めると言うことができなくなってきます。

するともう本当に何にもやる気が出なくなるので、ただただ時間を浪費してしまうモノやコトをやるのは、できるだけやらない方が良いでしょう。

それでも何かコンテンツを見るのであれば、Amazon Primeビデオなどの「自分で観たいものを選ばなきゃいけないもの」を使うと良いですよ。

見たい番組を見るのはやりたいことをやっていることになるので、そこは自己評価の低下には繋がりません。

やる気が出ない時はとりあえず顔を洗う

やる気が出ない時はとりあえず始めてしまえば勝手にやる気は出てくるってよく聞きますね。

でもね、そのとりあえず始めるができないんですよ。
特に簡単なことほどやる気が出ない。

食器の洗い物なんてそれこそ15分もあれば終わるわけです。
でもやる気が出ない。

面倒臭いわけですね。
なのでそんな時はもっともーっと簡単なことを始めて、きっかけを作ると良いです。

自分の場合は顔を洗うこと。

シャワーを浴びるともっと心の切り替えにつながりますが、休日などの外に出なくていい日はシャワーを浴びる行為さえ億劫になったりします。

でも生理現象があるのでトイレに行ったりくらいはしますよね。

その時こそチャンスです。

トイレに行ったついでに、ベタベタして気持ち悪いから顔を洗いたい→よし洗うか→バシャバシャと、洗面所で顔を洗ってしまいましょう。

すると、よし顔も洗ったしついでに食器でも洗うかって感じになります。
そう、やりたいことを一個でもやりきると、一気に繋がって行くことがあるんですね。

なので小さなことでもやりたいことをやったと言うことが大切になります。

やる気が出ない時はくつろぐ場所を変える

だいたいやる気が出ない時って、ベッドとか布団の上でゴロッと横になってたいって気持ちの時が多いですよね。

本当に疲れている時はむしろ積極的に休むべきなので好きなだけゴロゴロしてくださいって感じなのですが、

  • 今週そんなに忙しくなかったぞ
  • 別に体力使うような運動とかしてないぞ
  • あー今日は起きるの面倒くせー

そんな気持ちになっている時はどちらかと言うとダレてるだけの時が多いですね。

そんな時はとりあえず起きて見てソファーや椅子に座りなおすなど、リラックスする場所を変えるところから始めるのもオススメです。

とりあえず場所を変えると、

  • せっかくだし漫画か本でも読むか
  • あ、そういえばサッカー観たいんだった
  • 喉乾いたから水飲もう
  • トイレ行こう

みたいな感じで「次に何かやれるきっかけ」が生まれます。

前段でも書いたようにこのきっかけがとても大事で、これが生まれることで次から次にやることをこなせたりするものです。

終わった後は経験したことあると思いますが「ふー!もう今日は何も気にしなくていい!好きなだけ映画でも観よう!最高〜」みたいな気持ちになって1日をとても有意義に過ごせますよね。

それでもやる気が出ない時はひたすら眠る

と、ここまで書いてきたことをやってみてもどうにもやる気が出ない日ってのがあるのも事実。

そんな時は心身共に本当に疲れている時だと思い、むしろ積極的に寝るようにします。
ただしそんな時でも「あーもうやる気でない。とりあえず寝よう」ではなく、「よし、疲れてるし今日は寝るぞ!」と言う風に考えて、

今日は疲れているし回復のためにしっかり休む=だから寝ている

と言う心の状態を作ってあげると、起きた時に「うわー!もう夕方!一日損した気分。」みたいに落ち込むことがなくなります。

やる気が出ない時に大事なことのまとめ

やる気が出ない休日の過ごし方で結局一番大事なのは、1日の終わりにどう思えるか?と言うことです。

確かに

  • 洗濯してない
  • 掃除してない
  • 買い物行ってない

とかがあると、次の週どうやって生活すんねん!みたいなこともありますが、最悪ワイシャツ程度ならコンビニなどでも売ってたりするしなんとかなります。

でも「あー、今日もやりたいこと何にもやんないまま終わっちゃったなー」と言う休みが続いてしまうと、続く平日もずっとやる気が起きない状態が続いてしまいますね。

これがまずい。

どんどんやる気がない→自己嫌悪→自己評価が下がるを繰り返して、いつの間にか自分に何にも期待しない状態に陥ります。

結果的に生きててもしょうがないや〜みたいな気持ちになっちゃったりするわけですね。

なのでまずは

  • 休む
  • ダレる
  • ボケッとする

何をするにしても、やりたいからやっていると言う風に頭で思いこむようにすると、何しても幸せな状態になれるのでとてもオススメです!

そしてやった後は、どんなに小さなことでも自分を褒めましょう!

  • 休みの日に顔を洗うなんて、俺ってなんて偉いんだろう!
  • えー!今日はどこに行く必要もないのにシャワーを浴びて着替えるなんて、凄すぎる!
  • 料理なんてコンビニで買えばいいのに目玉焼きを焼くなんて、すごいな俺!

みたいな感じですね。
なんでも褒めようと思えば褒めれるもんですし、バカバカしいと思っていてもやってみると案外嬉しくなっちゃったりするもんです。

それをやっていると自己評価も上がって自分はいろんなことができる!って思えるようになって、いろんなことを積極的にやれるようになるので人生が楽しくなりますよ!

あー、日曜の夜なんかまでブログ書いちゃって、俺って本当に偉いなー!