無印良品の「ひのき」のエッセンシャルオイルはぐっすりいきたい夜のお供

無印良品のエッセンシャルオイル「ひのき」無印良品
無印良品のエッセンシャルオイル「ひのき」

こんにちは!

部屋にいい香りが充満しているとリラックスできるしいいですよね。

在宅でのリモートワークも増え寒い時期になったこともあり最近は良くアロマディフューザーでアロマを焚いています。

今回はリラックスしたくていいエッセンシャルオイルを探していたところ、無印良品で「ひのき」の香りを購入したので、簡単にご紹介したいと思います。

睡眠に入る前とかに使うとめちゃくちゃ気持ち良いので、本当におすすめの香りです。

スポンサーリンク

無印良品のエッセンシャルオイル程よい価格で遠慮なく使える

無印良品のエッセンシャルオイルは価格が比較的抑えられており、非常に買いやすいのが魅力的です。

ニールズヤードだと10mlで安くて2,000円くらいから。

当然質の高いエッセンシャルオイルなので、実際に使ってみると高いと感じることはありませんが、日常で常用として使うなら少しでもコスパが良い方がありがたい。

と言うことで1,300円くらいから購入できる無印良品のエッセンシャルオイルは普段使いにおすすめのオイルです。

「ひのき」の香りは夜のリラックスにもってこい

もともと日本人は檜のかおりが好きです。

風呂桶、椅子、洗面器とひのきはお風呂関係をはじめ家の柱などいろいろなところに使われていますね。

そしてなぜか皆、そのひのきから香ってくる香りを

ええ香りや~

と受け取ります。
不思議ですが遺伝子レベルで刷り込まれているんでしょうかね?

そんなひのきの香りのエッセンシャルオイルなので、リラックス時に使うのにもってこい。

家に帰ってディフューザーに垂らして焚くと、頭がすっきりして疲れが抜けていく感覚を味わえます。

それこそ風呂に入る前に炊いておきお風呂上りにひのきの香りに包まれて布団に入ると、なんとも心地よく眠りに入ることができるのでおすすめですね。

「ひのき」には様々な効能が期待できる!

さてそんな「日本人が大好きなひのき」ですが、家の柱やお風呂などでよく使われているのは何も香りが良いからだけではありません。

香りが良い以外にも

  • 鎮静
  • 消臭
  • 抗菌
  • 最近では皮膚の活性化

と、様々な効能を持っているからこそいろんな箇所で有用とされ使われているわけですね。

ちなみにそんなヒノキですが日本だと福井県より南の位置だけで、海外に目を向けても台湾くらいにしか生えていません。

世界中に生えている樹木ではないので輸入することもできずなかなか貴重な樹木なのです。

なので近年では寺社仏閣の修理の際に必要な太さや大きさのひのきを調達できず修理が待ちの状態になっていたり、別の素材を使って修理をする例なんかもありますね。

そんな貴重な樹木からオイルを抽出しているのに、無印良品の「ひのき」オイルはなぜ安いのでしょうか?

無印良品の「ひのき」はエコなエッセンシャルオイル

無印良品の「ひのき」は、オイルを抽出するために木を切り倒したりはしていないようです。

和歌山県北部、高野山のふもとで植林されたヒノキの木の中で、

  • 間伐材となったもの
  • 市場に出せなかった曲がった木

など、そのまま処分されてしまう木を活用してオイルを抽出しているそうです。

だからこそ価格を抑えつつ商品として展開できるのでしょうが、安くてエコだなんてとてもありがたいですね。

スプレーボトルに入れて寝具に吹くとめちゃくちゃ気持ちいい

エッセンシャルオイルは何もディフューザーで焚くだけが能ではありません。

市販のスプレーボトルに水とひのきのオイルを入れてよく混ぜると、簡単にスプレーとして活用できます。

朝、寝起きの枕や布団にシュッシュと吹き付けておいたり、夜寝る前に軽く吹き付けてから眠ると、ひのきの香りに包まれながら眠れるのでめちゃくちゃ気持ちいい。

先ほども述べた通り「ひのき」には消臭・抗菌効果が期待できるので布についた臭いを抑えることもでき、寝具のみならず洋服などに吹き付けておくこともできます。

後はタオルなどに吹き付けて使うと、顔を拭いたりするときに気持ちよい香りに包まれるのでおすすめですね。

朝爽やかに目覚めたいときはレモングラスなどでやるのもいいです。

無印良品の「ひのき」はリラックスしたいときにおすすめのエッセンシャルオイル

はい、と言うことで今回は無印良品の「ひのき」のエッセンシャルオイルをご紹介しました。

一言でいうと「リラックスしたい夜に使うと最高!な香り」です。

しかもついでに

  • 鎮静
  • 消臭
  • 抗菌
  • 最近では皮膚の活性化

と言ったひのきが持つ効果も期待できるので、部屋全体のみならず

  • 寝具
  • 洋服
  • タオル
  • クローゼットの中

など、さまざまな場所で活用することができます。

また、都度ディフューザーで焚かなくとも、スプレーボトルに水道水と合わせて入れてよく混ぜ、シュシュ!とスプレーする使い方でも香りを楽しみつつ、消臭効果などを期待できるのでとてもおすすめ。

まだ使ったことないって方は、ぜひ一度お試ししてみてください。

それでは!

今回紹介したアイテム

タイトルとURLをコピーしました