4Kテレビを買うなら、Hisense(ハイセンス)の4Kテレビで必要十分な理由と買って使った感想

ハイセンス Hisense 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ レグザエンジンNEO搭載 43A6800ガジェット
ハイセンス Hisense 43V型 4Kチューナー内蔵液晶テレビ レグザエンジンNEO搭載 43A6800

こんにちは!

今年はオリンピックとか、サッカーのW杯予選とか、動画配信サービスがどんどん4Kに対応してきているから、4Kテレビそろそろ買おっかな~って思ってる人、多いんじゃないでしょうか?

私自身そうでした。

で、どうしよっかな~、新しいの買っちゃおうかな~といろいろと調べてみた結果、今一番おススメな4KテレビはHisense(ハイセンス)の4Kテレビです。

なぜおススメなのか詳しくは書いていますが、簡単にまとめると

  • 新4Kチューナーを内蔵
  • 東芝テレビ部門と共同開発した「REGZAエンジンNEO」を搭載している
  • ゲームモードもレグザ譲りのハイパフォーマンス
  • 価格が他のブランドより圧倒的に安い!
  • Hisense(ハイセンス)はテレビの世界シェアかなり上位

と言う点ですね。
他ブランドより圧倒的に安いので、本当に大丈夫かな?と不安だったのですが、実際に購入してみて不安は吹き飛びました。

ちなみに私自身そうなのですが、テレビなどの家電を買うときに、

  • 広告モリモリ出してるブランドは無駄に高いしやめとこう
  • 何年くらいで新しい仕様に変わるかな?
  • 一人暮らしのリビングにでかすぎるテレビはいらない
  • 海外ブランドは安いけど実際どうなのよ?
  • 安いので良いけど、発色が薄いのは嫌だなぁ

と言ったようなことを考えすぎるあまり、なかなか買う商品を決めれないと言うことが多いです。

いやあ、ほんと優柔不断ですね笑

何も考えずに、一番高い奴買っとけばええんや!

と言う意見もあるとは思いますが、まあ、正直に言うとテレビを買うのは良いけど、テレビ番組はほとんど見ないんで、本当にテレビ必要?ってのが一番大きな悩みポイントだったんですね。

とは言え、

  • でかい画面でゲームやりたい
  • でかい画面でスポーツ観たい

ってことで、プロジェクターでもいいかなーと思いながらもどうしても欲しくなってしまい、40インチくらいの4KのPCモニターでもいいなーと思って探してみると、テレビ買った方がやすいやんけ!って価格のものばかり。

そんな感じで半年近く悩んでいたところに、自分にピッタリのテレビを見つけたので、今回はこれに決めました。

なんでこれを選んだか?詳しく話したいと思います。

スポンサーリンク

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビって?

まずHisense(ハイセンス)ってメーカーご存知ですか?

そう、ホームセンターの家電コーナーなどに行くと、めっちゃ安い価格でテレビを売ってたりするあのメーカーです。

中国のメーカーです。

え?良くなったって話は聞くけど、中国のメーカーはちょっと。。。

と思いのあなた、まあ待ってください。

実はHisense(ハイセンス)のテレビ部門って、東芝のテレビ部門を2017年に買収していて、東芝の技術者と共同で新しい描画エンジン、その名も「REGZAエンジンNEO」を開発したんですよ。

最新レグザエンジンで画質がさらにアップ! ハイセンスから最新4K有機EL/液晶テレビ登場 - 価格.comマガジン
“レグザエンジン”を搭載したフラッグシップ薄型テレビついに登場!初の4K有機ELテレビは新4K衛星放送チューナーも搭載し、約23万円とかなり挑戦的な価格となっています。

なのでテレビの描画に関する部分は、完全に東芝の技術を使ってるわけですね。

結果、いろいろと調べているうちに、価格を考えると東芝製を買う意味が分からなくなってしまいました。

そりゃあサザエさんのスポンサーも止めますよ。
高いお金を出して東芝製を買う必要ないですもん。

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビは世界レベルで買われまくり!

ちなみにHisense(ハイセンス)製のテレビのシェアは、中国では14年連続シェア1位。
オーストラリアや南アフリカでも1位。

シェア2位以下まで含めると世界各国でその名を知られているメーカーですし、日本に来てからはサポートにも手を入れているという、実はかなりグローバルな大企業です。

創設も1969年と結構な歴史を持ち、世界シェアもかなりの実績、ついでに2018年のロシアワールドカップでは公式スポンサーだったので、広告宣伝費も要所ではきっちり出すという感じの企業ですね。

無駄にCMを垂れ流すだけの日本企業より、よっぽど宣伝がうまいのではないでしょうか?

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビで本当に十分なのか?

東芝製の技術を使っていることは分かった。
でも本当にHisense(ハイセンス)のテレビで大丈夫なの?耐久性やサポートは大丈夫なの?と言う疑問、湧いてきますよね。
私もそうでした。

確かに冷蔵庫、洗濯機、電子レンジあたりは、中国メーカーでもそんなに気にしない人が増えてきている印象ですが、テレビはLGこそ頑張っているものの、どうしても東芝、パナソニック、SONY、シャープあたりが強い印象です。

でも、よくよく考えてください。

同じテレビを、20年も使ったりしますか?

車のように10万キロとかそういう分かりやすい数値がないので、実際に何時間くらいつけっぱなしにすると壊れるとかは分かりませんが、

5年くらい経つと「十分保ったな。」
10年保つと「だいぶ古くなってきたし買い替えるか。」

って感じになりませんか?
私はなっちゃいます。

そう考えると、日本のメーカーのテレビに15万出して10年使うのか?と言うことになります。
1年あたりに分割した金額で考えると15,000円。

その10年の間で、

  • 8Kが普通になったりして?
  • また新しい映像配信規格が登場したりして?
  • 地デジってまだ残ってんのかね?
  • YoutubeやAmazon Primeが新しいサービスに変わっている可能性も

などなど、自分自身ではどうにもできないようなことが変わっている可能性があります。
そう考えると、一つのテレビを使い続ける期間は5年くらいがちょうどいいんじゃないかと。

5年で考えれば75,000円以内で買えるなら、性能なんかは日本製と比べても十分と言うことになりますね。

確かに、

  • 買って1年経たずに壊れた!
  • サポートに電話したら日本語が通じなくて困った!!
  • 保証書が無くて結局新しいの買いなおす羽目に!!!

みたいなことになったら困りますが、そこはそんな日本人の心情をしっかりリサーチ済みなようで。

  • 2015年8月以降のテレビはメーカー3年保証(販売店の保険はいらない)
  • 0120番号のサポートセンターがある
  • もちろんメールでのお問い合わせも可能

と、日本メーカーよりむしろ保証が手厚い!
今どきメーカー保証が3年なんてついてるところないですよ。

中国メーカーに、個人情報盗まれてるんじゃないの疑惑

確かに最近のHUAWEIの問題なんかもあったので、中国のメーカーに対して「ちょっと怖いなー」と言う印象があることも否定はしませんが、見られて困る情報って何?ってのが正直なところ。

  • 自宅のテレビで仕事する?
  • 見てるテレビの番組情報を見られて恥ずかしい?
  • PS4やYoutubeアカウントから情報取られたとして困る情報ある?

と私は思ってしまいます。

それこそ10年前は、え~、世界の亀山モデルの方がよくない?みたいなこともあったので、メーカーも選択肢の一つではありましたが、今やシャープも東芝も中国(台湾)傘下だし、他のメーカーのテレビにも中国製だったり中国産のパーツを使っていたりするわけです。

そのあたりのことを考えると、もはや日本メーカーに拘る理由って正直ないですよね。

とは言え不満なポイントはないのか?

なんか安いし、性能も必要十分だし、世界シェアもあるしと良いことばっか言ってる感じになってるので、ちょっと気になった点も書いておきましょう。

気になった点はこちら

  • VODにAmazonプライムがない
  • リモコンの届く範囲が少し狭い
  • ちょっと気になる緑のランプ

以上の3つです。

AmazonプライムがVODに入ってないのは、なかなかうっ!となる項目でしたが、まあPS4あるし最悪Fire TV Stick 4Kを買っちゃえばいいかと言う感じ。

何より東芝のREGZAがそもそもAmazonプライム入ってないっぽいんですよね。
何か企業同士の都合なのでしょう。

普通のタイミングで買うと7,000円近くしちゃいますが、セールで出てるタイミングで買えば1,000円くらいお得に買えるので、そのタイミングを待つと良いでしょう。

そしてリモコンの範囲が狭い件、直線だと必要十分なのですが、左右の幅が狭いんです。
なので例えばキッチンからテレビのチャンネルを変えたりしたいときはちょっと困るかも。

でもこの機能、自宅にGoogle Homeがあれば音声でチャンネルを変更できるので、あまり大きなマイナスポイントにはなりませんでした。

で、最後が緑のランプ。
デザインの話なので気にならない人は気にならないでしょうが、出っ張ってるのがちょっとだけ気になったかな。

まあ正直どうでもいいレベルですね。

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビってどこかで実物見れる?

実物はビックカメラに行けば見れます。
もちろん在庫状況や商品の入れ替え時期なんかに行っちゃうと無かったりするので、行った店舗に商品が置いてなかったら、どこに行けばあるか聞いて店舗を回ってみるのをおススメします。

ヨドバシカメラは実際に店舗に行っても見つけることができませんでした。
ECサイトを見ても、古い型のものは販売終了で掲載されていますが、最近のものは載っていない様子。
取り扱いを止めたのかな?って感じですね。

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビを買うならAmazonがおススメ

購入したいと思ったら、現状だとAmazonか楽天かビックカメラで買うのがおススメですね。

楽天でも購入できるので、ビックカメラを含めた量販店系で買いたい方は、楽天ポイントも貯まっておススメです。

まとめ

さてそれではまとめて行きましょう。

そんなにメーカーにこだわりがないけど、大き目の4Kテレビが欲しいなーって方にはHisense(ハイセンス)の4Kテレビがおススメです。

その理由は

  • 新4Kチューナーを内蔵
  • 東芝テレビ部門と共同開発した「REGZAエンジンNEO」を搭載している
  • ゲームモードもレグザ譲りのハイパフォーマンス
  • 価格が他のブランドより圧倒的に安い!
  • Hisenseは世界シェアもあるし、サポートもしっかりしている

と言う点ですね。

ぶっちゃけ東芝のレグザを15万近いお金を払って買うなら、HisenseのREGZAエンジンNEOを搭載しているモデルを買った方がマシでしょう。

これから10年間はテレビを買いなおしたくないという方なら、確かに日本製を買っておいた方が安心かもしれませんが、どのメーカーのテレビでも5年以上保つとは限りません。

しかも、

  • テレビなんていらなくなるかもしれないし
  • ゲームもやらなくなるかもしれないし
  • 凄い安くて高機能なPCモニターが出るかもしれないし
  • 配信規格が変わるかもしれないし

色んな状況が変わることを考えると、ぶっちゃけ独身の間に使うテレビはHisense(ハイセンス)のテレビで十分だし、4年か5年程度たったら新しい規格のテレビに買い替えるつもりでいるほうが、よっぽど最新技術を楽しめて得と言うもの。

どうせ保証期間切れたあとの修理って、買い替えるレベルの値段しますしね。

と、言うことで一人で使うテレビとしては、Hisense(ハイセンス)の4Kテレビがめちゃくちゃコストパフォーマンスが高くておススメなので、これから買うって方はHisense(ハイセンス)の4Kテレビ、行ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました