【レビュー】iPhone13 Proを買ったのでレビュー!実際に使って感じたメリット・デメリットまとめ【iPhone SE(第二世代)との比較】

iPhone13 Proガジェット・ホームオフィス
iPhone13 Pro

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/c8569055/public_html/reportpad.net/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

こんにちは!

今年もしっかり新しいiPhoneが出ましたね。

ここ一年愛用してきたのiPhone SE(第二世代)
どんどん高テクノロジー化していくスマホの中で、これで必要十分!と言うスペックと機能を備えたいいスマホです。

そんな、無駄に高スペックなスマホはいらないなーと思っていた自分ですが、今回iPhone13 Proへ乗り換えることにしました。

そこで本記事では

  • なぜiPhoneSE(第二世代)からiPhone13 Proに乗り換えることにしたのか?
  • 実際に使用してみてどう思ったのか?

を紹介していきます。

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

iPhone13Proに乗り換えた理由は3つ。

iPhone SE(第二世代)は正直気に入っていました。

  • 指紋認証でマスク化も問題ない
  • 動作は十分サクサク
  • カメラの機能は若干弱いが必要十分っちゃ十分
  • 購入価格も安い

って辺りがポイントですね。

実際一年間使っていましたがバッテリーの持ちが悪くなった!などの不満もほぼなく、正直に言うと今回iPhone13 Proに乗り換えるかどうか?は相当迷いました。

ではなぜ乗り換えたのか?
理由はこの三つです。

  • 望遠レンズや広角レンズを楽しんでみたい
  • シネマティックモードとマクロモード超使ってみたい
  • リセールバリューはかなり高そう

主に惹かれたのはカメラの機能面。

望遠レンズが3倍になりマクロ撮影ができるようになったので、葉っぱや虫など、小さいものを撮るときにかなりアップで撮影ができます。

また、シネマティックモードで動画を撮ると、

  • 感動するくらい同時に顔認証してくれる
  • あとから焦点を変更できる
  • 手振れ補正もかなり強め

と、うかつなコンデジではもはや対抗できない感じになっています。

goproはカメラ単体であの価格。
iPhoneは他の機能もたくさん持ったうえで13万円くらい。と考えると、かなりお得な高機能コンデジって印象なので、自分の用途の中ではもういよいよコンデジを検討することはないかも…と感じました。

iPhone13 Proの外観で気になるのはライトニング端子くらい

iPhone13 Proのサイドは鏡面仕上げで美しい
iPhone13 Proのサイドは鏡面仕上げで美しい

iPhone13 Proは外観がマジでキレイです。
もうね、美しい。

サイドバーの鏡面仕上げや、カメラ周りの仕上げ、背面の手触りなど、弱点と感じられる「重量」でさえその重厚感を演出するための要素になってしまっています。

使っててテンション上がるデザインは何となく久しぶりだしわくわくして嬉しいですね。

ライトニング端子はいつまで続くのか…
ライトニング端子はいつまで続くのか…

ただ、やっぱりいまだにライトニングケーブル。

確かに最初に出た時はちょっとテンション上がりましたよ?
まだminiUSBとかが主流の時代だったから。

iPhone5とか確かそのくらいだったのでデビューしたのは2012年頃ですかね。

でも、もうもっと便利なUSB-Cが出ていて、MacもどんどんUSB-C化しているんだから、いい加減iPhoneもそっちに移行してほしいですね。

iPhone13 Proの良かったところとメリット

iPhone13 Proのカメラはマジで半端ない
iPhone13 Proのカメラはマジで半端ない

実際に使ってみて感じたメリットは下記4つ。

  • カメラの性能が段違いで良い
  • シネマティックモードで手振れなし動画撮影が可能
  • バッテリー持ちがよくなっている
  • ノッチ減もありさらにディスプレー領域が拡大

iPhone SE(第二世代)はiPhone8と同じデザインなので、本体も小ぶりではありますがその分画面も小さいです。

案外使いやすい丁度よいサイズ感ではありますが、比較するとマジで1.5倍くらい違う。
こんなでかい画面必要ないだろうって思ってましたが、これはいいものですね。

またバッテリー持ちが改善されているのは非常にありがたい。

自転車でGPS使いながら走ってるとなかなか電池の消費が激しいので、休憩時にモバイルバッテリーでの充電が必要でしたが、iPhone13 Proの場合はどうでしょうね?

iPhone13 Proのいまいちなところとデメリット

実際に使ってみて感じたデメリットは下記3つ。

  • レンズ出っ張り過ぎで傷つきそう
  • やっぱSE(第二世代)と比べると大きくて重い
  • 片手操作だと指が上まで届かない

機能面と言うよりは主にサイズ感や重さがメインです。
フラッグシップ機はいつの時代も大型化しがちなので、こればっかりは仕方がないですね。

左手のみで操作をしていたら、重たかったからか左手の小指にタコができました…

落とさないようにストラップでもつけようか。

iPhone13 Proを買うなら一緒に欲しいアクセサリー

買うべきアクセサリーは簡単です。

Magsafe対応のアクセサリーであること。
以上。

充電器は卓上に置いたときにシンプルでおしゃれなのがイイですね。
ベルキンのワイヤレス充電器もiPhone13 Proでも問題なく使えているのでおすすめです。

人気のiPhoneケースであるiFaceも強化ガラス版は無線充電に対応しており、Magsafeも若干粘着力は弱くなるものの利用できます。

カメラの出っ張りが大きいこともあり、正直ケースは必須かな。

ガラスフィルムは NIMASO 一択ですね。
これを使ったらわざわざ他のを試す必要はありません。

まとめ

iPhone SE(第二世代)を一年間使用してきた自分が、今回iPhone13 Proを実際に使った結果感じた良い点と悪い点をまとめました。

去年のiPhone12シリーズの発表のときと比べると、正直大きなインパクトないなーと思っていましたが、実際に使ってみるとびっくり。
シネマティックモードやマクロ撮影などカメラ面の進化にはなかなかな嬉しい誤算です。

また、バッテリーの持ちも進化をしているようですし、日常使いはすでに便利な感じ。

ただし、iPhone12シリーズを持ってる方におすすめか?と言われると、正直メリットは薄いんじゃないかなと思っています。

どちらかと言うと、

  • iPhone8や10、11シリーズなど少し前のモデルからいい加減買い替えたい
  • iPhoneSE(第二世代)を使っているけど最新機種も使ってみたい
  • そろそろ動画の撮影も初めてみたい

みたいな方には方はiPhone13 proはおすすめです。

最悪気に入らなかったらそれなりの金額で買い取ってもらえるので売っちゃえばいいわけですし、まずは試してみるのをおすすめします。

来年のiPhone14シリーズの噂話も出てきてはいますが、正直1年後のリーク情報なんて全くあてにならないので、乗り換えるかどうしようか迷ってるという方、とりあえず乗り換えてみてから判断したら良いんじゃないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました